忍者ブログ
あなたは・・・いったい、どれだけの「真実」を知っていますか? わずか60数年前に起きた戦争で私たちの祖先でもある多くの日本人の命が喪われました。しかし、戦争での「真実」は・・・         未だに封印されたまま明らかにはされていません。そうした閉鎖的な考えが今の腐敗した政治や・・・この日本という国を生み出してしまった? そんな気さえするのです。                  過去は変えられないからこそ、未来のために責任を押し付け合う前に「真実」を明らかにすることこそが本当の平和な国家へと繋がっていくのだと想います。                   ★-追記- TBは削除しません。ただし、アダルトやスパム、記事に直接関係のないものなどは警告なく削除しますので、あらかじめ、ご了承ください。m(_ _)m-★
Posted by Name fukuchan&yuka - 2017.12.17,Sun
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Posted by Name fukuchan&yuka - 2007.08.23,Thu
1944年10月20日から終戦まで続いたフィリピンのレイテ島での戦いは、日本にとっては敵との戦いと
いうことだけではなく。飢えとの戦いでもありました。物資や食料の補給が途絶え多くの日本兵なとが、
餓死したりと、とても悲惨な戦いとなりました。

ジャングルという悪条件の中、食料も無くなっていく中で・・・次々と栄養失調で倒れる仲間たち・・・
それでも尚、戦わなくてはならなかった惨状を考えても想像の域を遥かに超えています。
戦うこともなく・・・消えていった多くの命の御霊は、今もまだ多くが残されたままなのです。

映像が自動再生されないことがあります。その場合は手動で、再生してください。

 レイテ島の戦い - Wikipedia      レイテ戦、フィリピン戦場の悲惨

 神風特別攻撃隊Kamikaze;レイテ沖海戦の特攻隊員 鳥飼行博研究室

 第21話「レイテ沖海戦(前編)」      第22話「レイテ沖海戦(後編)」

  

レイテ沖海戦(H18.10.16)

レイテ戦では8万人近い日本兵が亡くなっています。戦死者の遺骨の多くは、いまも・・・まだ
フィリピンのどこかで眠っています。そのせいか、フィリピンでは日本兵の霊の目撃も多いそうです。

フィリピンの集団怪奇現象『日本兵の霊を見た!』これは、そんな話しの中のヒトツです。

PR
TrackBack URL
TrackBacks
A requiem

「悲しいときはいつも」
歌詞


☆このブログのカテゴリーです☆

★最新記事★最新2日分にはnew
(09/15)
(09/13)
(09/11)
(09/06)
(09/03)
(09/02)
(09/01)
(08/31)
(08/30)
(08/30)
(08/30)
(08/29)
(08/28)
(08/27)
(08/26)
(08/25)
(08/24)
(08/23)
(08/22)
(08/21)
(08/20)
(08/19)
(08/18)
(08/17)
(08/16)

【ブログ内検索】してみてね★

★最古記事★2007.8.10~
ふたりのプロフは→コチラにあります←
(08/10)
(08/11)
(08/12)
(08/13)
(08/14)
(08/15)
(08/16)
(08/17)
(08/18)
(08/19)
(08/20)
(08/21)
(08/22)
(08/23)
(08/24)
(08/25)
(08/26)
(08/27)
(08/28)
(08/29)
(08/30)
(08/30)
(08/30)
(08/31)
(09/01)


★月別です・・・φ(・・。)★


★更新とお知らせ管理人便り★

fukuchan&yukaが一緒に投稿してます。
テーマ選びは、ふたりで担当してます。
動画・資料の選択は福ちゃんの担当です。
2人の想いを投稿してる担当は、ゆかです。
☆ご協力お願いします☆

+主催している署名活動+

RSS


にほんブログ村 歴史ブログ 戦史(古今東西)へ にほんブログ村 ライフスタイルブログ 生き方へ にほんブログ村 動画紹介ブログへ にほんブログ村 歴史ブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 動画紹介ブログ その他動画へ ブログランキング・にほんブログ村へ Subscribe with livedoor Reader フィードメーター - A requiem track feed

Template by mavericyard*
Powered by "Samurai Factory"
忍者ブログ [PR]